【オーダーグラブ買取】個人名の刺繍で価値は変わる?

野球をしていると自分に合ったグローブをオーダーして作ることもありますよね。

オーダーグローブを作る際に自分の個人名やメッセージを入れる人も多いでしょう。

今回はオーダーグラブの買取についてご紹介していきます。

オーダーグラブを買取に出す際のコツや刺繍の有無によって買取価格は変わるのかご説明しましょう。

オーダーグラブは高価買取可能なのか?

自分に合った仕様で作るため、オーダーグラブは高く買い取ってもらえるのかわからない方も多いでしょう。

結論から言うとオーダーグラブでも高価買取は可能です。

というのも量産が可能な既製品のグローブに比べて、一人ひとりの要望に応えたうえで作られているものが多く価値が高いことがあるからです。

オーダーグラブを受注している大手メーカもあります。

しかしメーカーの中にはオーダーグラブしか製作していないところもあり、伝統の技法によって作られるグラブは上質です。

その分希少価値も必然的に高くなります。

またオーダー品は、もともとの価格も高い傾向にあります。

硬式グラブだと5万円から7万円くらいが相場と言えるでしょう。

それだけ高価なものですからオーダーで作ったからといって、買取できないということはないのです。

個人名などの刺繍は買取価値に影響する

オーダーグローブを作る際に、自分の名前を入れる方もいらっしゃいます。

残念ながら個人名の刺繍は買取価格に影響すると言えるでしょう。

どんなものでも人の名前が入っている中古品は少し気が引けるものです。

グラブ自体の価値は高くとも、個人の名前が入っていることで買取価格は減少してしまうので注意してください。

また名前の他にも「一球入魂」や「根性」「感謝」といったメッセージを入れることもあるでしょう。

そうしたメッセージも同様に価値を下げる可能性があります。

そのメッセージが私的なものであればあるほど、需要は少なくなる傾向にありますので、これからグラブを発注する際は一度検討してみてください。

ただし買取が不可能というわけではありません。

先述した通りオーダーグラブはもともとの金額も高く高額で買い取られる可能性のある商品です。

今のグラブは買取に出して次の人に使用してもらいたいという思いがある方は一度、買取の査定を依頼してみましょう。

思ったよりも高額で買取できるかもしれませんし、スタッフとのコミュニケーションの中で本当に買取に出すかどうかを決めるのも一つの手段です。

状態に左右されるオーダーグローブ買取

以下のようなグラブは買取価値が著しく減少するので、確認してみてください。

・グラブの革が全体的に硬くなり過ぎている

・補給する部分やウェブが擦り切れていたり、破れている

・へり革の全交換を要するもの

・グラブにカビが生えているもの

・グラブに強い臭いが付着しているもの

オーダーグラブは保管方法に注意!

オーダーグラブを買取に出す際は、なんといってもメンテナンスをしておくことです。

スタッフも人間ですから大切に使われた痕跡のあるグラブの方が価値があると評価します。

一方で、オイルが塗られていなかったり、砂やホコリがかぶっていると印象は悪くなるのは容易に予想できるでしょう。

また昨日まで使っていたグローブをいきなり次の日に買取に出すということは少ないはずです。

使用をやめてからしばらくの間は自宅などで保管することになるでしょう。

その際の保管方法にも気をつけてください。

保管場所によってはグラブにカビが生えてくることもあります。

長期間保管する場合は空調のあるトランクルームなどがおすすめですが、そんなに費用はかけられない場合は、風通しがよく湿気が溜まりにくいところで保管するようにしましょう。

またグラブの置き方にも注意してください。

せっかくつくった型が大きく崩れてしまうと査定にも影響が出てしまいます。

基本的な置き方は親指と小指を下にする、つまりポケットの部分を下に向けて置くか、指先側を下にして置くのがおすすめです。

その際に上に何かものを置いたり、乱雑に収納しないようにしましょう。

付属品も一緒に買取に出そう!

オーダーグラブを購入すると、裸でグラブを渡されるということはありません。

箱に収納されていたりグローブ袋が付属されているケースが多いです。

こうした付属品は一緒に買取に出すと良いでしょう。

添付物がなければ買取ができないというわけではありませんが、あったほうが買取価格が上がる可能性があります。

買取を検討されている方は、保管しておきましょう。

まとめ

オーダーグラブは自分に合わせて使ったからといって買取ができないわけではありません。

むしろ希少性が高く上質な傾向がありますので高額買取の対象となっています。

ただ、状態や個人名刺繍の有無によってもその価値は変動するので、まずは査定に出してみることがおすすめです。

不要になったグラブを買取に出した分で新たなグラブの購入をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)